BLOG

風薫るレブヒート

◆COCKTAIL/◆SHERRY
ひさかたの光のどけき春の日に
しづ心なく花の散るらむ

と詠んだのは古(いにしえ)の歌人である。

風薫るレブヒート

現代語に訳すと、日の光がこんなにも長閑な春の日に、どうして
桜の花だけは慌ただしく散ってしまうのだろうか。



さて、ひとたび陽射しが戻ると慌ただしく移ろいし風薫る初夏の
陽気で、浜松は25℃の夏日だ。

そんな日の黄昏時に最初の一杯は「Rebjito レブヒート」が気分。



変幻自在の Rebjito レブヒートは、スペイン・セビージャの春祭り
夜通し陽気に踊って楽しむためのカクテルである。

風薫るレブヒート

「割ったモノ」という意味のレブヒート、作り方はとてもカンタン。
辛口タイプのシェリー「フィノ」や「マンサニージャ」を氷を入れた
グラスにシェリーと炭酸飲料を「1:2」で割るだけだ。

セビージャ風に割ったモノは、飲み過ぎ注意なモノである。



#OPEN 18:30-24:30(LO.23:30)Irregular holidays

CONTACT & RESERVATION

053-450-5882
BAR ル・ランティエ
19:00-26:00/日曜日定休・祝日営業